×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



徒然日記・03月分。


03/01

まぁち。いよいよ私も26歳目前かー。20代後半ともなりゃあもう、オッサンの領域だと自覚せんとな。いえーい、なんて先の展望の暗いオヤジ年齢だーぃ。(←少々(かなり?)イヤなことがあったので、そっとしておくが吉)

まぁ、少しは楽しみな未来の話をしよーか。『MOTHER3』の画面写真。紹介第3弾にして、よーやくバトル画面のお披露目か。既出の写真から、フィールドはまるっきり『2』準拠だと分かってたが。どーやら戦闘のシステムも同じのよーで。違うシステムのっけてくるかと思っていたので、ソコはやや拍子抜けな心持ち。ただまぁ、「SMAAAASH!!」が健在なのは安心どころか。うむ、それでこそMOTHERだ。

03/02

何考えてんだろマジで。今月中にいなくなるとハッキリ明言したバイト雇いの人間に、いまさら新しい作業を任せこむあの場長は、どう捉えても「愚か」の一言しか表しようがないと思うワケなのだがどーか。オレなんぞに教えるぐらいなら、今後も居残る人間に先にレクチャーしようとか、そういうアタマの使い方できねーんだろか。…できねーんだろな。いやホント、オレみてぇな情報肉体労働(別称、デジタルドカタ)が"できる"人間がいなかったら、まず間違いなくあの職場悲鳴上げるハメになると思うんだが。そーゆー点では、実は気になる。ま、この先も面倒みようなんて気はミリグラムも無ぇケドよ。

ともあれ。このごろは、かように精神がヤサグレ倒す出来事が続きまくっているので、もうガマンすんの辞めて日記で毒素掃き出すことにした。よって訪問者様各位には、こーゆーの見たくなかったら十数日ほど当サイトに来ないのが賢明です、とは言っておきます。いいな、忠告はしたぞ?

つーか。ストレス解消にゲームしようにも、いま『アビス』の2周目始めようモンなら自宅ですら神経逆なでさすの分かりきってるし(※本作、序盤はワリとマジで主人公がムカつきます(笑) まだ『ゼルダ1』は続けてるが、相変わらず楽しいとは言い難く、むしろストレスが溜まりかねない有様。レビュー書きたいと思ってる作品も数本あるのだが、こんな心理状態につき、チョイと書く気力が湧かない状態。む゛〜、なんか最近イイこと無ぇな〜(深溜息)

03/03

バイトの。朝礼でとりあえず、今月中に辞めることを公言しといた。昨日はなんか、イイ(悪い?)タイミングで電話対応したせいで、つい気を逃したしなー。にしても。さすがに当然ながら、周囲の人間が「なんで辞めるの?」と問うが。自主的にどころか、会社側から辞めろと言われたまでの話だしなぁ。オレにでなく、社長に訊いていただきたい所存。繁忙期直前の今に、なに考えてんだか知らんけどよ(失笑)

DSライトのモックアップだけ見てきた。さわれたら良かったんだがなー。ややダサめだった旧型よりも、少しはスタイリッシュになったかな、といった印象。見た目だけだと、さほどコンパクトになった気がしないのは何故だろーか。明るさ以外に、スピーカーが若干変わったとかは、企業系ニュースサイトで知り得るのだが。あとの問題は、ボタンの操作感(特にL・R)だよなー。コレばかりは、実際さわらんと分かんねーし。まぁ、「とりあえずほしい」とは思ってるのだけど。

それにしても。発売延期だの供給不足だの見送りだのと、ダメダメなお詫び続きじゃねーか任天堂。これじゃまた、ショップ側からの評判落とすだけだぞ。『任天堂信者』を自認してはいるが、だからといって無条件で擁護してやるワケでもない、私である。

03/04

本日は久しぶりに、バイトでムカつくことがコレといって起きなかったとゆー、近来では実にまれな一日であった。つーか、平穏に仕事できてたことにかなり本気で驚きを感じてるあたり、自分も相当極まってんな、と思った次第である。や、普段あの職場でどんな有様よ、オレ…

ファミ通が900号。イヤハヤ、さすがにスゴいもんだ。誌名が『ファミコン通信』から『ファミ通』に変わる少し前くらいから購読を続けている身としては、まぁさすがに思うところがあったり無かったり。もっとも正直、感慨にふけるほど愛着は持ってないんだが。愛着で言えば、創刊から購読してるファミ通WAVE・DVDの方が断然強いしねー。

だから、今週号のオマケDVDにFWDの宣伝コンテンツが入ってるのが、何気に嬉しかったりするのである。そのFWDも、今号で豊口さんのコーナーがまた終わったし。なんだかんだで歴史積み重ねてるよなー。…って、気がつきゃFWDの話題にすり替わってねーか(呆&笑)

んでは、コミックレビュー『フルメタルパニック・SURPLUS』を追加。なんつーか、調子が戻ってきた感じなので、いっちょ気合い入れなおすつもりで、レビュー書き上げてみた。続いてゲームのレビューもあげていきたいが。その前にもう一段階ぐらい、テメェのテンションを復活させたいなー。

03/05

住んでる地域が、本日付で市町村合併した。まぁ私の居るところは、住所変わったりとか全く無いから、なんの変化もないんだけど。しっかし、こんだけ土地的規模デカくなって、行政面でちゃんと機能できんのかなー、などと余計な思いにかられてみたり。

今日は叫ぶことが3つあった。まず、朝にひとつ。『アウトロースター』と『エンジェルリンクス』の第1話を無料視聴。おおおぉぉ、トワードスターシリーズ2作品を一挙にとは、なんて豪儀な!! これら『星方』のタイトルを冠する両作品、私にとっては強烈に思い入れの深い作品であり。とりわけ『アウトロースター』は、初めてDVDを購入(さらに初のBOX作でもある)したアニメでもあり、心の底から大好きな作品なのである。私の好みは置いても、これら2作は掛け値無しの傑作アニメ。両方ともDVDをそろえ、大学当時に友人に貸しまくっていたが、全員から確かな評価を受けたほどに、その面白さには"実績"有り。両方ともに「宇宙」、そして前者には「冒険活劇」、後者には「生きる」といった単語が良く似合うアニメである。本作を知らない方は、ぜひこの機会に視聴していただきたい。第1話を観るだけでも魅力は存分に伝わると、私は確信している。

叫んだこと、バイト帰り編。ホント危ういところで猫を轢きかけた。イヤもうマジで叫んだね。こっちのクルマと飛び出してきた猫、どちら共に急制動がコンマ数秒遅れていたら確実に殺った、ってぐらいのニアミスをかました。やー、アセったー。てか、急停止した猫と目が合いました。(本当)

叫んだっつーか、アニメ・ONE PIECEで大爆笑。『撃ち抜け!そげキング!!-狙撃の王のテーマ-』(←勝手に命名)に、文字通りの抱腹絶倒。先週、そげキングがしゃべった瞬間にすでに笑いまくっていたのだが、今週の冒頭はもう、笑いすぎてマジで涙流した。アニメスタッフ、グッジョブ! つーか、EDのキャスト表記でも「そげキング・山口勝平」になってるし。やっぱ分かってるわー、あの制作陣。もう最高。一生ついてく。

03/07

今日の。バイトは、半日であがって帰った。まぁ別にいつもどーり働いても構わなかったのだが、週のなかばでイキナリ8連勤とか言い出すよーな、コッチの都合を一切かえりみないステキ上司に付き合ってられかったし。つーか、中途半端な手出しで余計な手間かけさすぐらいなら、仕事にクビつっこまねーでくれませぬかステキ上司。コレは私の持論だが、仕事のジャマをするよーな人間は自分にとっては全てである。それがたとえ上司だろーが社長だろーが、あるいは総理大臣だろーが、な。

『ゼルダ1』クリアー。ラスダン、マジで難しかった。しかしまぁ、本作については主に他サイトの掲示板でさんざん文句たれてきたのだが、クリアーしてみてもその不満は解消されなかったかなー。エンディングにもさしたる感動を憶えず、なんか淡々と遊んで・終わらせたって感じである。裏ゼルダもあるが…やんなくていーや。てか、レベル1ダンジョンで5回死んだんですが。本気でムズ過ぎだっつの(笑)

てなワケで。ってんでもないが、ともかくも積みゲーの最後として、『グラディウスX』を開始。スタート直後に「あぁ、こりゃ確かにトレジャー作品だわ」とか思った、同社タイトルをひとつもやったことの無い腐れゲーマーがココに。イヤ、画面の色遣いとか、マジで『斑鳩』を彷彿と。つーか、ほんとオレってそーゆう「知識」だけ持ちすぎ…(苦笑)

閑話休題。オススメ受けた当時のシューティング熱は、もはや残滓すら無い現状だが。なんだかんだで遊んでみたら面白いね。画面はフツーにキレイだし、音楽も結構カッコイイし、オプションの特殊操作も楽しいしで、まぁやってみて損は感じなかった。初回プレイ、2面・ボスでゲームオーバーとゆーヘタレっぷりに、ゲームテクの低下を嘆いてみたりしたが。続ける毎にスコアも上がってきてるし、頑張ればクリアーできそうな感触。そーだよなー、シューティングって基本的には「憶えゲー」なんだよなー。ともあれ、紹介者には感謝。プチプチ死にながら続けよーっと。

にしても本作、めずらしくも「CD-ROM」なのだね。ディスク出したとき初めて気付いた。ま、一瞬危惧した画面解像度は、充分だったから構わんけど。ところで誰か、本作のコナミコマンド教えてくれません? 2〜3パターン試したけど、自爆すらしねーし。…ひょっとして無いとか?

03/08

だからもう雪降んなくてイイってのマジで。せっかく解けてきたのによー。なんのためにチャリのタイヤ空気、入れ直したと思ってんだよー。よーよー。

『てんしの末裔3巻』ゲット。おや、コレで最終巻ですか。ラストの展開、切なさとソレを表現する「間」とが、実に良かった。少々設定が理解しづらいトコもあったが、面白かったのは確かなトコロ。本作はぜひとも、続編をどこかでやってほしいねー。コレにて完結、でも悪くはないが、なんかポジティブな意味での食い足り無さを感じた。ところで。メタトロンの頭見てオパオパを思い出したのってオレだけか?

さて、ゲームレビュー『マリオ&ルイージRPG2』を追加。ゲームプレイ自体は順調に消化できてるが、レビューの方がどーにも追いついてないな。今んとこ残り2作品、今月中に仕上げたいところだが…ぶっちゃけヒマあるかなぁ。つーか、時間よりもヤル気のほうがアヤシいが。

03/09

家帰って。速攻で暖房つけなくとも、さほどツラくもなくなってきた。ふ〜む、だんだんと暖かくなってきとるな。つっても、雪は相変わらずちらほらと降りやがるけどな。降って・解けると、路面が怖いことになるから、やめてほしいんだが…

『しゃべるいきもの』を購入。のっけからイキナリ珍妙なお話だなぁ(※誉め言葉) 『小説版BLEACH』はフツーにスルーパスしたため、本当に久方ぶりの新刊購入だが、まぁ期待には応えてくれそう。つーか、いいかげんに『彼女』シリーズのレビューも書かねーとなー。未だに『龍太』しか出してねーし。

FWDのポッドキャスティングラジオが配信されている(←リンク開くと即、ルパン小島(副編)がしゃべり出すので注意)とゆーので、さっそく落として聴いてみた。予想以上(以下?)のグダグダな駄目トークが聴けて、同誌購読者としてはとても大満足。嗚呼、このカオスっぷりこそFWDの神髄…! イヤハヤ、いままでコレを見逃していたのは、同誌フリークとしてはあるまじき所業。今後もこのステキラヂオを楽しく聴取させてもらおう。

03/10

シューティングしながらお笑い系ラジオなんて、聴くもんじゃねーなと学習した、春もさし迫った今日この頃。1面ボスにフツーに撃ち殺されるわ、同じ場所で連続で激突死するわ、どんな体たらくよオレ。つくづく、FWDラジオにせよゴルゴルゴにせよ、このグダグダっぷりが素晴らしい……

チェックはマメにするもんだ。iTMSで、Mizさんの『In the Sky』、しかも英詩バージョン(グランディア3のOPに使われた方)を扱っていたので、速攻でDL購入、nanoに移してパワープレイの真っ最中。うん、やっぱこの曲は英詩の方が断然にカッコいいな。

今からでも、まる憶えして"そら"で歌えるようにしたいところだが。如何せん英詩ともなると、歌詞が分からん限りどーにもなー。頼みのうたまっぷでも、日本語バージョンしか歌詞載ってないし。レンタル屋で、直にアルバム探してくるしか手段無いかなぁ。つーか、レンタル屋に置いてんならこんなDL購入なんてしねーよ、とゆー話だが。

03/11

グラ5が面白くなってきた。ウン、楽しいよ、後半のボス戦で味わう「コレどうやったらマトモに勝てンのよ?!」みたいな絶望感とか。…や、あの岩&弾幕の切り抜け方とか、フツーに分からんがな。なんか攻略法があるんだろーとは思うんだが、現状だとチカラワザ(意訳:死にまくってムリヤリ勝つ)以外に手段が思いつかん…

SOS団のホームページ。ぶっちゃけ、そこいらの普通のアニメのオフィシャルHPとしてみたら、単なるイカレサイトでしかないのだが。「これはSOS団のサイトです」と説明された途端に、『ねこマン』なるアヤシげ生物さえ含めて「あぁ、なるほどな」と納得してしまうのがスゴい。そーか、アレが436テラバイトのシンボルマークかー。ソースも見ると、カウンタが2ケタ以上にならないよういじってあるトコ含めて、なかなかに細かい仕事である。てゆーかコレ、原作知らんヒトにはワケ分かんねーだろうなぁ(笑)

まぁアニメは、リアルタイムで観れやしねぇコトが分かりきっているが。そろそろ私も、原作の続き読もうかなー。3巻で止まったまんまだったの忘れてたわ。まぁ本音を言えば、人気は断然『ハルヒ』の方が強いと知りつつも『学校を出よう』の方が好きなので、アッチの続巻を希望してたり。シリーズ打ち切りにでもなったかと思ってヒヤヒヤしてたが、そーゆうことでもないらしいし。じっと待つしかないのかね。

03/12

いちおう喋っとこーかね。数日前からひそかに、シンプル更新報告なるランキングサービスのバナーを、右メニュー欄にぽこっと載っけていたりする。まぁ正直な話、個人サイトの格付けなんかには大して感心も無いが、いまより訪問者数が多少増えてほしいとは思っていたりもするので、なんとなくつけてみた。つってもコレでアクセス数が増えるとは、到底思えんのだが。とりあえずは訪問者各位にはひとつ、見知りいただきたく。

以上、本日は業務報告のみで。や、今日は実は日記書くつもり無かった(※週一のサボり日)しさ。反動で明日にサボるかもな。(←結局ヤル気なさげな管理人)

03/13

明日に控えし休みのために、押し付けられた多量の雑務をキレイサッパリと片付け、あとはもう本当に帰るだけ、とゆー就業15分前にイキナリどさっと未処理書類を押し付けられたこの憤りが分かるだろーか。イヤもうなんつーか、ソレってフツーに嫌がらせですか。なんでもっと早くに渡してくれませんでしたか。てゆーか翌日にでも自分で処理しようとか思わないんですか。思わないんですね。ムカついたので、通常の1.8倍速で片付けてやった。ハッハー、休日前に仕事残しちゃ駄目ですからネ!(←バイトながらに、「働く人間」としての自分なりの最低限の矜持)

コミックレビュー『ARIA3巻』を追加。コレのアニメ、レンタル屋で並んでるのを未だに見ない。ドラマCDとキャストが違うところに、多少の"含み"は感じてたりするが、さすがにやはり興味はあるワケで。GEOよりも、TUTAYA探したほうがイイだろーか。アッチはアニメの品揃え良い反面、レンタル料が高いのが、なー。

03/15

月半ばに達したし。不定期にも続いてしまった、不毛な事この上ないバイトの愚痴日記は、もう止めにする。正直なハナシ、今またソレ関係で精神的にやや不安定になりつつある状態なのだが。ま、どーとでもなるようになれぃ。つーか、成すべきことを成そうや、自分(自戒)

つまらん話題は捨て置き。レビューの執筆も見越して、『テイルズオブジアビス』の2周目を進めてるのだが。もういちど遊ぶと本作、各キャラのセリフなど、伏線のバラまき方がスゴい巧みなのだと気付かされる。特にアッシュ初登場のシーン、さりげなーく顔を見せないようにしてるんだなぁ。あぁ、だからあのムービーが、心理的にも妙に強調されるのかー。

そんな感じで、望外に楽しんでるのだが。難易度ハードにしたのは、チョイと失敗したかも、である。や、ザコ戦でフツーにズタボロにされてんですけど。どーすっかなぁ、難易度落とそうかなぁ… でもノーマルで進めても大して面白くねーしなぁ… 序盤からFOFが出やすいのは良いのだが…

03/16

『FF12』が出たよーで。まぁ私は今さら言うまでもなく、ミリグラムも興味ナッシングなワケだが。イヤもー全然、驚異的なまでに感心が無ぇ。そんなこんなで、発売記念()として、巷でウワサの『ポーション』を飲んでみた。コレまた、そこら中のサイトで掃いて捨てるほどアレコレ言われまくってるので、感想も簡潔に。私は嫌いじゃないよ、コレ。(←リポビタンとかワリと好きな人間)

しかし。味は構わんとして、コイツの「色」はどーなのやら。てゆーか個人的には、FFのポーションにせよ何にせよ、ファンタジー世界の魔法薬って別に色付きってゆーイメージ無いんだけどなー。むしろ無色透明か、あるいはスポーツドリンクみたいに若干濁ったよーな印象。ビン(入れ物)は色付きでイイんだが。

03/17

『アビス』の。2周目を始めた影響で、『グラ5』のプレイが止まってしまってたのだが。2日ぶりにやってみたら、チョット考えられねぇってぐらいのヘタレっぷりを披露していた。同じ場面で激突死程度は序の口、ヘタすりゃ1面ボスにやられるって何事か。なんかもう、ホントにフツーに凹むんですけど(苦笑) 単に集中力が欠けてるのかなー。

03/19

間ぁ悪っ! せっかく知人のMさんからテーブルトークRPGの誘いを受けたのに、明日休みじゃないからとアッサリ断らざるを得ないハメに。う゛あ゛〜、良くないことって、ホント重なるよな〜(半泣)

てゆーか。なんか今、メンタル面でけっこうマズい状態だとゆーのが、自分でもハッキリ分かっているので、仕方がないが調子が戻るまでサイト休もうか、と。この数日は日記、実は書いては消して書いては消してっつー有様だったし。だから昨日も休んでたワケだが。

ま、自覚できてる間はまだギリギリ大丈夫だろ。ともあれ、ヤラレきってるザマをさらす気は無ぇし。仮に見せても面白くねぇし。では、2〜3日ほど失礼。

03/22

きっかり2日休んだ。ウン、まぁ言ってみれば、"のど元過ぎた熱さ"はどーでもイイのである。

本屋行ったら。コミックスの新刊が3つもあったので、買い物する気は別段無かったが、せっかくの休みだし買い漁ってみた。その壱、『金色のガッシュ24巻』。そーか、雷句さんの手のケガって「骨折+バイ菌入りかけ」だったのか。……2ヶ月程度で治ったのって、むしろ運が良かったのでは(微汗) サンデーの連載も読んだけど(基本的に本作はコミックス派)、あのシルエットってブラゴだよなぁ。つまりはブラゴも王族か? まぁ、なんとなく納得できるけど。

その弐、『QED23巻』。ナルホド、新シリーズの『CMB』と本作とはそのまま繋がってるのか。言っても、ソッチは連載読みオンリーでコミックス買ってないけど。ともあれ、この巻のエピソードはかなり思うところの強い話だった。早くレビューを書きたい所存。何ヶ月後になるか知らんけど。

その参、『鋼の錬金術師13巻』。限定版のトランプなんぞ、ツメの先ほども要らねぇ。どーせ紙製トランプだろーしな。ソレはさておき、『上海妖魔鬼怪』ってコミックス出さないのかなぁ。ヘタすりゃ、ソッチの方が個人的には好きなのだが。TRPGの『妖魔夜行』で同作を再現しようと考えてたのも、今や懐かしい話である。今度出るドラマCDだけでも買おうかねー。

んじゃ、コミックレビュー『金色のガッシュ6巻』を追加。今日新刊買うとは思ってなかった(つーか、出てたの知らんかった)から、なんか偶然の合致みたいな気分。てゆーか、今月の更新回数は少々マズいな。ちゃんとノルマ達成できるか、アヤシい域に差しかかってきてるぞ(微汗) 書く"気力"が無かったのは確かだが、月末までにかけて、書く時間もチョット危ないんだよなー。大丈夫かなぁ。ま、どーにかするのは自分だけど。

03/23

なんか知らんが。洗濯バサミが毎週ひとつずつぶっ壊れてんですけどナニゴト。小物吊るし用の輪っか型のヤツなのだが、気がつきゃもう1/3ほどがへし折れた。今度買い直さにゃダメだなぁ。つーか、この耐久限界は何の所為よ。洗濯物の水蒸気が原因? フツーに謎だ。

昨日。マンガ3冊買ってきて、いよいよ考えざるを得なくなった問題が浮上しだした。本棚がね、埋まりかけてんのよ。我がアパートの自室、デカイのとカラーボックス2つとに、所有マンガの大半を委ねている環境なのだが(※一般書籍がほぼ皆無なあたり、この男のダメっぷりが極まっていると言えよう)、各棚がそろそろ陳列限界を迎え始めた。

私の本棚陳列は基本的に、「お気に入りの良作マンガ(小説)をいつでも自由気ままに読もう!」がテーマなので、たとえ完結した作品であっても、相変わらず棚に並べ、好き勝手に読めるようにしていることがとても多いのである。たとえば昨日などは『QED』の既刊をパラパラ読んでたし、ここ最近は『フルメタ』なんかもそんな感じで流し読みしてたりする。

こーゆー、自由に&好き勝手に読める、とゆー環境がとても好き…とゆーか、そーなってないとなんかイヤという難儀な性格のため、古い作品はダンボールに突っこむとか、そーゆう効率的な所有手段がとれないのだ。つーか、ダンボールもダンボールで満タンなりかけてんだけどさ。結局は、気に入った作品はまず手放さないってコトなんだよなー。ともあれ、比較的手狭なアパートの手前、コレクションがチョイとキツいことになってるのは事実であり…(微汗)

『ONE PIECE』なんて、しばらく前から2重置きだしなー。やっぱ、いくらか売り飛ばさないとダメかねぇ。売っても悔いの残らない作品なんて、ほぼ皆無ってほどに厳選して買ってるのに。まぁ、それでもいわゆる「本買い」の人間から見れば、ぜんっぜん少ない冊数なのだが。小説なんて、全部合わせても棚3つで足りる程度だしなー。

03/24

『グラディウスX』クリアー。てゆーかそりゃ、クレジット13回も費やせば攻略できるわな、と。トータルで60機以上が宇宙の藻屑と消えたのか… とは言え、5面のボス戦を初めてノーミスで切り抜けたときには、「やったヨ! ボクやれば出来る子だヨ!!」とかひとりで感激してたワケだが。今後はもう少し、ウェポンエディットを楽しんでみよーかといった次第。改めて、推薦者に感謝。2周目以降は…さすがにイイや。つーかあの打ち返し弾の雨あられは何。

レボリューションでPCエンジン&メガドラのタイトルが遊べるってさ。個人的には両ハードへの思い入れなんて無いが、大喜びするゲームフリークは絶対多いよなー。特にMDなんかは。結局のトコは事前の発表どーり、ラインナップに不足が残ることになるんだろーが。ソコはそれ、コンテンツとして(ってよりは商売として)成功すりゃあ、それこそサターンタイトルなども加わってくる可能性だって出るだろーし。うわぁ、コレは単純に楽しみだなぁ。

さて、こっから先はヨタ話(笑) とはいえ、自分の中ではかなり確信持った予想なんだけど。

私は少々前から、次世代ゲームボーイ(※次世代DSでは無い)は「ゲーム版iPod」になるんじゃねーか、と考えてたりする。よーするに、アップルが既にやってる、iTune上で管理した楽曲コレクションを、自宅ではPCから流し、時にiTMSで購入し、それらの曲をiPodで持ち歩いて聴く、とゆー音楽まみれの生活形体。コレと同質のことを、レボリューション本体とバーチャルコンソールとを軸にやるんじゃなかろーか、そしてソフトメディアの入れ替え無用な大型メモリ内蔵型の携帯機によって、それらタイトルを同時に複数・自由自在に持ち運べるようにするんじゃなかろーか、と。

まぁ実際のトコ、現時点でもう「iPod VS 携帯ゲーム機」の構図は取りざたされてるワケで。せめても、次のGBでは対抗手段としてカートリッジから脱却する、ってのは、まぁ方々でも言われてるとーり、自分でもそう的外れでない予想だと思っている。

そーなると。次世代GBに求められるモノは、単純な性能向上よりも、N64級までのハードをエミュれるだけの演算性能プラス充分な解像度を有する液晶画面、ってコトになるワケで。コスト的にせいぜい1GB、欲を言えば2GB以上のフラッシュメモリに、上記の性能を乗っけて、古くはFCからN64までのゲームを複数自由に持ち運んで遊べる、当然この性能の中で専用新作タイトルも出る、そんな次世代GB。うわ、自分で言っててほしくなってきた。出ないかなぁ、マジで。もし本当に発表されるとしても、せめてレボのコンテンツ周辺が確定されてから、だろーけど。ってコトはやっぱE3の発表待ちか。むぅ、今年も5月が楽しみだ。

03/25

あと一週間かー。なんつーか、つくづくままならんなぁ、としか言い様のない状況なワケで。まぁ結局は自業自得なんだけどよ。

コンビニ行ったら。食玩とかでない、ホントに普通のフィギュアが売ってた。あまりシッカリ見てこなかったのだが、たしか『トゥハート』とかその辺のキャラだったよーな。よもや、セブンイレブンでフィギュア売る時代が来ようとはな。つくづく世の中は変わったねー(アレな方向に

ノベルレビュー『風よ。龍に届いているか下巻』を追加。予定よりもチョイとズレ込んだけど、まぁ結果オーライってことで。ところで、レビュー本文がみょ〜に真面目くさっちまったから、ココで言わせてもらうが。ディーってすっごいツンデレだよね。(←そんな感想は一生封印しておけ)

03/26

『nintendogs』の猫バージョンが出るとしたら、タイトルは『にゃんてんどう』かなー、とか意味不明なことを考えながら働いた日。ひらがな表記がポイントだぞ!(←「だぞ」、でなく)

季節境の。特番ラッシュなのは構わんが、今日はまたいつになくつまらん番組ばっかだなオイ。北朝鮮にいた寿司職人の話なんて、聞いてても別に面白くねーしなー。実は未だにアッチの国の追っ手に怯えてるって、だったらテレビに出るなよ、と。や、全国番組ですからコレ。

03/28

生誕26周年。またひとつ歳食った。まぁ正直なハナシ、こんぐらいにもなると余所から祝われることもあまり無くなってくるワケで。誕生日は自分を生んでくれた人に感謝する日だ、とかよく言われるが、私の場合それ分からんしなぁ。てなワケで、ハッピーバースデー自分。おめでとうオレ。つーか、生誕ってよりは生存26年といった風情ではあるが。

ともあれ。帰りにデパート寄って、食い物やらケーキやらアレコレ買って帰る。今年のセルフ誕生日記念品として、CD2枚とDVD1枚も購入。ポイントカードのスタンプも唸るほど溜まった。そんなこんなのトータルで、本日だけで15000円ほどの出費。来月から収入が激減する人間の所業とはとても思えませんナ!!(シニカルな笑み)

03/29

『マジックスター新装版5巻』と『瀬戸の花嫁9巻』と『DXリプレイオリジン3巻』買ってきて読んだ。いずれも充分楽しゅうございました。ホントは、誕生祝いの延長で回ってる寿司でも食いに行くつもりだったが、猛吹雪だったので止めた。…てゆーかこの惨状は何事。外の景色が2ヶ月はさかのぼってんですけど。

昨日観たアニメの感想日記。ひとつ、『劇場版名探偵コナン・水平線上の陰謀ストラテジー』。コレ、実は昨日買ったセルフ誕生祝い品だったり。てか本作、来週あたりにTV放映するらしーな。勝った!(←何に。)

さて、感想。小五郎のおっちゃんが有りえ無ぇくらいカッコ良かった。ま、毎度の劇場版作としての完成度は、前作と違って充分に合格点か。終盤の、船舶沈没パニックとしての展開に弱いところはあったが、巧みにミスリードを誘うヒントのバラまき方や、ショート感想にあげたとーり『眠りの小五郎』がピンで活躍した部分など、見所の多数ある面白い内容であった。事実上、コナンが一本取られた状態だったしな。最後の方、蘭の行動はどう考えてもアホとしか言い様が無かったが、ラストのオチ(?)に結びつけたのは、なかなかに見事。総じて、伏線の張り方がとてもウマいシナリオだった。やっぱ本作も買って良かった。

ふたつ、『劇場版ONE PIECE・オマツリ男爵と秘密の島』。こっちはレンタル屋から。てか、よーやく借りれたなぁ…

短感想。今作は「エンターテイメントの回」、って感じだったなー。キャラ作画が普段のと相当違うのは、個人的には全然気にならんとして。とにかく、作画・動画全体の猛烈なまでのクオリティには、終始「チカラ入ってんなー」とゆー印象が。シナリオは、途中まで主義主張無しの「娯楽作」的な展開…かと思いきや、クルー同士の仲違いを通じてルフィの仲間に対する想いの強さを見せるとゆー、ルフィメインの展開にシフトしていったのは面白かったかも。つーかあの終盤の流れだと、ぶっちゃけチョビひげのオッサンを仲間に引き込んで然るべきと思うのだが(笑) その辺のエピローグが全く無いことも含めて、やっぱ今回は娯楽一点集中の劇場作なのかねー、と。ともあれ、期待して観て良かった。

んじゃま、明日はまた買ったCDの感想日記でも。

では、ノベルレビュー『そして彼女は拳を振るう』を追加。そーいや本シリーズ、2巻以降はどう表記すべきかねー。全巻、共通項こそあれどタイトルは違うんだよなぁ。…あぁ、考えてみたらハルヒシリーズと似たよーなモンだったな。同じ要領でOKか。

03/30

雪、降りすぎ。何この埋まりよう。この期に及んで、クルマを掘り出す作業するハメになるとは。まだ気温低くないのは救いようあるけど、にしたってこの有様はなんだコラ。フツーに嫌がらせにしか思えん。

おととい買ったCDの感想日記。いち、『塊オリジナルサウンドトラック魂って長ぇ! 内容は、PSP版・『僕の私の塊魂』の新曲をメインに、過去のサントラシリーズで収録からもれた曲までを網羅した、まさに塊サウンドの決定版とでも言うべきラインナップ。第3弾OP・『塊オンザファンク』を筆頭にして、PSPオリジナルの曲はファンクテクノが主体らしく、テクノ好きな私としてはなかなか満足。実際、そろそろテクノ系のステキソングが聴きたかったしねー。

開発スタッフも解散したため、ゲーム自体も含めて、塊3部作のラストを締めくくるサントラとなってしまうワケだが。充分それに足る、充実した内容ではあった。松崎しげるさんの日に焼けた肌を聴けるのも、コレで終わりかー。それを思うとやや名残惜しいが、まぁゲームの企画としてはココで終えるのがベストなのだろーし。ロマンチックなゲームをありがとう、塊スタッフ!

に、下川みくにさんのニューアルバム・『Remember〜青春アニソンハウスアルバムってコレも長ぇ!! 最初なにが「ハウス」なのかと思っていたが、今回のは全曲ハウスアレンジだから、なのね。カバー曲のラインナップは前回よりも好みの曲(とゆーかなじみの強い曲)が多く、その辺かなり満足な内容。やっぱ『魂のルフラン』はカッコイイねー。とはいえ、数曲がメドレー構成だったのは少し不満。やはりきっちりとフルコーラスで収録してほしかった。しかしなんだ、『檄!帝国華撃団』ってコレ、版権とかあんま気にせんでイイのか? なんかフツーに収録されてんだけど。んでまたアレンジがイカスしよ(笑)

ともあれ、やはり下川さんの歌の良さは変わらず。今やスッカリ「アニメ関連の曲を歌う人」になった感が強いが、まぁ売り出し方もハッキリせずフェードアウトしてくよーなアーティストよりは万倍マシだし。今後も引き続き、いちファンとしては聴き続けていきたいものである。つーか「青春アニソンシリーズ」って、いつのまにシリーズ化してんですか(笑) 第3弾の予定もあるってことかなー。ま、それはソレで楽しみだ。

03/31

せめて。コミックレビューくらいはでっち上げようかと思っていたが、なんかフツーにかったりぃのでやっぱ止めた。ま、今月の運営はこんなモンで。せっかくの誕生月なのに、なー。

先月末から。さんざブーたれてきていたが、今日をもって2年とふた月勤めてきたアルバイトを終了してきた。ちなみに、明日以降の”食いぶち”は未だ見つかっていない。と、そんな状況下にあって私が今感じていることが、「あぁ、せいせいした」とタダそれだけなのが、我ながら本気でどうなのかとも思うワケで。辞めていくことに対する悔いとか未練とか、マジで一切無いんだよなー。オレ、そんなにイヤだったんか、あの職場。そら確かに、嫌気さすだけの処遇を延々被り続けてはいたがなー(乾笑)

退屈な話題だったので、興を変えて成分分析。ま、最近の流行りモノですなー。

HILOの39%は苦労で出来ています。
HILOの26%は記憶で出来ています。
HILOの16%は明太子で出来ています。
HILOの9%は見栄で出来ています。
HILOの9%はツンデレで出来ています。
HILOの1%は保存料で出来ています。

1/6の明太子1割のツンデレで構成された管理人の運営するWEBサイトにようこそ。ちなみに本名だと、8割方がやましさで構成されてた。2%は怨念。

あとサイト名で試したら、今やってるココも昔やってたトコも、幾割かのミスリルを含有していた。当サイトはあらゆる国際紛争を未然に防ぎます。(←そのミスリル違う)



日記・04月分>

<日記・02月分


<<日記・過去ログ