×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



感想・電子遊戯編。

サモンナイト2

発売元:バンプレスト 開発元:フライトプラン

対応ハード:PS1

まずは他薦品好例ってことで。本作の紹介、推薦者各位ありがとうございました。それにしてもアレだ、私は何年ぶりでシミュレーションRPGとゆージャンルを遊んだのやらな? 記憶を頼るとSFCの『ファイヤーエムブレム』以来なんですよねー。ソレが確か中学時分だったから……10年以上やってねーのか。さすがに我ながら驚きを隠せんな。ま、そんな事はさておいて。イキナリ続編からとゆー変化球気味な触れ方ではありますが、根強いシリーズファンも多い本作、サモンナイト2のレビューをサックリと始めてみましょー。

そんなこんなで、シムRPGはまるっきり門外漢ってな状態で遊んでみた本作ですが。なんつーのか、PS1とゆー”古い”ハードのタイトルなのに、ゲーム自体にはその辺のギャップみたいなモノはほとんど感じなかったのが良かったですねぇ。もともと2Dグラフィックのゲームだから、「ポリゴンもの」よりはそーゆーのを感じる要素が少ないってのはあるんですけど、でもココんトコでの違和感をあまり感じずに済んだから、不慣れなジャンルでもスイっと遊べたってのは確かなトコロ。絵的な部分以外でも、リィンバウムとゆー主世界と、(次元的に)その周囲に存在する4つの「界」、そしてそれらの上で生き・暮らしている様々な人々や魔物達、それらが織り交ぜられて広げられる一連の物語と、他に類をみない本作独自の世界設定を存分に語っていくこの辺の作りは、つい感心するほど丁寧な構成です。特に登場人物は、それぞれに多種多様でまた高い魅力を持つキャラクターばかりで、本作がファンを広く集めるのもそりゃ頷けるってなモンですねー。オリジナル性の高い世界と、その上で紡がれていく様々なキャラクター達によるドラマ、コレは確かにプレイヤーを強く惹きつける魅力だと言えましょう。

と、世界設定ばかりを誉めてはみましたが、だからって”ゲーム本体”がおざなりだったんじゃー話になりませんとも。本作、パッと見だけならワリとそんな感じではありますが、シムRPGとしてはなかなかにやり応えのある内容です。ステージ毎の敵・味方の数はさほど多くはないけれど、それゆえにキャラや装備内容の取捨選択をキッチリ考えて挑む必要がありますし、移動距離や射程なんかについては当然として、高さやキャラの向きまで逐一考慮して戦闘を進めていくのは、悪いイミではない見た目と裏腹の歯ごたえがありますねー。ゲームのメインである召喚術は、序盤こそMPが低いしそもそも使える召喚獣の種類が少ないため物足りなさを感じますが、ゲームが進むに連れ、その選択肢もグッと増えてくるので面白くなってきます。ま、そーなるとまた今度は装備できるサモナイト石の制限に不満を感じてしまうのが難ですが(苦笑) ゲーム進行は、各話毎のイベントバトル以外に、その名の通り参戦も撤退も自由にできるフリーバトルがあるおかげで、この手のジャンルに不慣れなプレイヤーでも自在にレベル上げができ、それによってイベント本編の難易度が緩和されるのはまずまずの配慮。やっぱね、「稼ぎ」が気楽にできるってのは作りとして親切です。シミュレーションRPGになにかと多い硬派なゲーム性からは少々遠のきますが、シナリオや世界設定と合わせて見てみれば、この緩やかながらもシッカリしたシステムに基づいたゲーム内容は、なかなかにマッチしていると思いますねー。

あと、ゲームと全然関係無いトコをほめますが、ギャラリーがフル解像度画像なのはチョイと感心したなー。このポイントは、ゲームの中で”売って”いきたいトコロとユーザーが求めているトコロとをキチンと踏まえた、良い配慮だと思います。や、すげー地味だけど、こーゆうのって何気に大事ですよ。

さて、そんじゃー欠点行きますか。イヤね、実のところ私から見たら本作、欠点っつーか不満点はワリと多かったりしてます。まずひとつ、ゲーム本編が長すぎ。ま、コレはプレイヤー誰もが感じるところでしょーねー。私は50時間強ほどかけて初回のエンディング観たんですが、仮にも複数のEDが用意されてるタイトルで、この時間のかかりようはどーなのよ、と。2周目やろーったって、サモナイト石こそ(一部が)引き継がれるものの、レベルとかはぜーんぶイチからやり直しですからねぇ。「つよくてニューゲーム」でイイじゃん。コレ書いてる時点で2周目に取りかかってる最中なんですが、ぶっちゃけメンドクサくて仕方無いです。ココの配慮はもっと何かあって良かろーに…。そしてもうひとつ、まぁコッチが不満の最大ポイントなんですが、プレイ中での煩雑な部分が余りにも多い。例えば召喚誓約はバトル中でないとできないとか。新しいアクセサリーを手に入れて、チョットお試しがしたいってだけでも、フリーバトルをイチイチやらんとならんのは実に面倒です。他にも、術やスキルの各効果はコマンド選択してる時は分からないのだって、チョット術の内容忘れただけでも、逐一ステータスを開かなきゃならんのはスゲー手間取り。ショップだって「試着」はあっても「装備だけする」ってな項目は無いから、新装備を各キャラで色々試したかったら、わざわざ拠点に戻ってメニューを開かないとならないって不便さが。この辺の不満は他にもイロイロあるんですが、どーにもユーザビリティが欠けてる印象が強いです。悪く言えば、ゲームを遊ばせる部分の洗練さが無いとゆーか。チョットの工夫でもっとずっと遊びやすくなるのになー。って、この辺の不満って番外編のエクステーゼ(レビューはコチラでも似たよーなこと感じてたな。なんだろ、この辺の作り込みのユルさってフライトプランの伝統なのか…? ( ̄_ ̄;)


聖王都に拠点を構える召喚士の組織・あおの派閥、今ここから新たな召喚士のタマゴが旅に出た。世界のことなど何も知らなかった若者は、幾つもの巡り会いを通して、おのれの中に眠っていた運命を知る。暗くも重い宿命と、いままた繰り返されようとする悲劇。だがそれらを全て打ち破って光を示す、かけがいの無い確かな絆―― 真実の奥のさらなる向こう、信じるべき未来と壊された記憶の先で、運命さえも超越せんとする希望を目指した戦いは幕を開ける…

オリジナリティの高い設定世界に、いずれも魅力的な数多くのキャラクターたち、そんな彼らが紡いでいくひとつの”運命”の物語。全体的にオーソドックスな内容ながらも、いま遊んでみてもさほどの遜色を感じない作りを持ちうるタイトルです。『リィンバウム』という世界の物語になんとなくでも興味を抱いたなら、どーぞ皆さんプレイしてみてください。PS3すら出ようって現在に遊んでみても、意外なくらい満足できる内容ですよー。



<<ゲームレビュー


2006/10/30