×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



感想・漫画編。

クレセントノイズ 1巻

著者:天野こずえ

出版元:Gファンタジーコミックス

「我が王国マルクトへようこそ…音に祝福された選ばれし人間達よ」

80ページ らんのセリフより


掲載誌での連載が終了し、コミックスの刊行が全巻出揃ってもまだ、ダンボールにしまうなどせず本棚に並べておきたい作品ってのは、2〜3はあるものでして。私にとってはこのマンガがそんな、上級のお気に入りマンガのひとつ。てなワケで、クレセントノイズ(以下、ノイズ)のレビュー、毎度の通りに1巻から順番に行ってみましょー。

天野こずえさんと言えば、いまやAQUA・ARIAシリーズ(AQUAのレビューはコチラが、代表的作品として人気を博しておりますが。確かに同シリーズは私も気に入ってますし、レビューだってサイト上に載っけてます…けれど、ココはあえてハッキリ言わせてもらいましょう。オレ的にはコッチの方が断然上だね。いやホント、あの癒し系コミックもソレはそれで悪かぁ無いケド、両者を天秤にかけたら取るのは絶対コッチのマンガ。個人的にはいまだに、ノイズの連載復帰を願って止みませんもの。やー、ブレイドの兄弟誌あたりで、サッサと第2部シリーズ始めてくれんかねー。ARIAの番外編とか描いてねーでさぁ。

本作で描かれる基本テーマは、「高校生年代の少年少女が織りなす”等身大の感情”が揺れ動く様」ってことで、そのへんは登場人物の心の機微を描き出すのがウマい、天野さんらしい作品ではありますが。このマンガにはさらにもうひとつ、強く盛り込まれている要素があります。それはズバリ、人間が発するという心の音色のチカラ・琴咒ノイズを駆使して描かれる超能力バトル。AQUA・ARIAでも定評のある、同作者の誇る画力の高さ。コレをもし、少年マンガらしいバトル描写に持って行ったらどーなるか。その答えがココにあります。さすがにマンガ自体数年も前のモノだし、作品の雰囲気がまるっきり別なので、同列に並べるのには多少の難がありますが…それでもやはり、各キャラの表情の描き方や、ハデな超能力バトルの描写は見応え充分。にしてもなんだろ、コーゆうマンガ読んでるとつくづくオレって”少年マンガ”が好きだってーコトを実感させられるな!(笑)

まだ1巻目ってコトで、全体的な雰囲気があまり明るくなかったり、見所もそれほど多く無いしで、どこか不足な部分も目立ちますが。なんだかんだ言っても、このマンガの面白さには間違いは無いハズ。AQUA・ARIAシリーズから天野さんのマンガを知ったヒトには、ぜひいちど読んでもらいたくもあります。



▽自薦名場面 ― 77ページ

 「今日はひびきはいないようだが――
  お前一人で、どう切り抜けられるかな?」

 「…気安くお前って言うな!
  それにね…蘭! あんたなんか私一人で充分よっ!!」

第2話のラストシーン。戦うヒロイン・五十嵐凛いがらし りんここにあり、といった場面ですな。場面自体はどーってことも無いんですが、蘭に向かって威勢良く啖呵を切る彼女の表情なんかが、ワリと気に入ってたりします。この気っぷの良さが、凛の”らしさ”だよなー。



第2巻>


<<コミックレビュー



2005/07/14