×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



感想・電子遊戯編。

リズム天国

発売元:任天堂

対応ハード:GBA

実際に開発スタッフが同じってのもあるんですが、ぱっと一見する限りじゃ、どう考えても『メイドインワリオ』シリーズの新作としか思えないその絵面。だがしかし、そのナカミは同シリーズとは良いイミで大きく一線を画す、まるきり別のゲームだったワケで。それでは、密かにあの音楽プロデューサー・つんく♂さんが自ら企画書まで書いて開発に携わった、何気に本気印のリズムアクションゲームであるリズム天国のレビューを始めまーす。

本作の魅力はそりゃあもう、コレが紛れも無くリズムアクションゲームであるとゆー点にあるでしょう。そう、本作は音ゲーというよりもリズムゲーなのですねー。メインモードでやることは、ほぼ全部が「拍子を刻むこと」のみ。ステージによってはいちおう、タイミングに合わせて複数のボタンを使う場面もありますが、あくまでも全般的にはリズムにノってAボタンを押すだけ。ホントにそれだけ。なんつーのか例えば、画面の上からバーが連続して降りてきてジャストのタイミングで対応した鍵盤を押すとか、そーゆーのは一切ありません。ただただプレイヤーは、各ステージで流れるBGMに合わせて、その曲の中でタイミング良くボタンを押していく、ただソレだけ。まさしくリズムを刻み続けるコトだけが、本作の本体、ゲームの中身なのです。

んで、たったそれだけのゲームデザインながら、遊んでいて全然退屈にならないよーにしてくれているのがこの、バラエティに富みまくった各ステージ構成でして。ここの作りはやはり、ビミョーにイカレた独自性の強い『M I W』シリーズの開発スタッフらしい作風。あるステージでは、「リズムに合わせて順番に拍手をします」。まぁ音ゲーらしいですね。他では、「タイミング良くラップの合いの手を打つ」。ん、まだ普通の内容です。「リズムにノって千本ノック」 ビミョーに変だけど、まーだ”有り”でしょう。「音楽に合わせて妖怪を居合い切り」 少しオカシクなってきました。「拍子を合わせて連続お習字」 そろそろもうイミ不明に。「タイミング良くタマネギに生えたヒゲを引っこ抜く」 軽く正気を疑われるかもしれません。とまぁそんな感じで(←何が?)、ひとえにリズムゲームと言いつつも、あるイミ音楽とまるで関係の無い題材、だけどもちゃんと「リズムを刻む」とゆーゲーム内容だけは全編通して貫かれている多種多様なステージ。そーゆー部分の面白さ、コワれ気味過剰なまでのジョーク要素が本作には満ちているワケなのです。んで結局「赤いモノ」ってなんなんスかね工場長?(←本作最大のナゾ(←んな大げさな(←でもあながち間違ってもないかも(←つーかこの数珠繋ぎツッコミはいつまで続くのかと(←あれしつこかった?(←イヤだからいつまで)

そしてそして、メインモードの他の部分にも多様な”遊び”が盛り込まれているのが、本作の良い所でして。各ステージを上手にクリアーできた時にもらえるメダルを集めて増やしていくミニゲームは、コレまた「リズムにノる」とゆー共通項を持ちつつも、それぞれに面白い内容。とりわけ『ドラムレッスン』は、携帯ゲーム機のボタン操作ではなかなか難しいものの、何気に本格的なドラムプレイが楽しめてかなりグッド。通常のステージ進行でも、ランダムに発生する『パーフェクトキャンペーン』は、普段の何気ないプレイにも緊張感を与え、ゲームにメリハリが利かされます。んでコレ、「ミス3回までなら有効」ってのがまた、ウマく考えられてんですよねー。そんなこんなで、「リズムを刻む」とゆーのをゲームの”核”に、それを取り巻く数々の要素がとても上手く盛り込まれ・作り込まれている、とても優秀なリズムゲームなのデスよ。

そいでわ欠点…って、何気に思い浮かばないなぁ。本音を言えば、全体的なボリュームの少なさが上がるんですけど、結局は音ゲーであることや値段なんかを考慮すると、ワリと目をつぶってしまえる部分ですしねー。あぁ、エンドレスとかフリープレイみたいなモードぐらいはほしかったかも。まぁ、いっかいクリアすればそのステージはもうフリー状態なんですけど、全ステージやることと尺の長さは決まったままだから、ソコから外れたようなゲームモードはあって良かったとは思います。あとコレは欠点とは違うんだけど、全ステージ出し終わったら『パーフェクトキャンペーン』がフィーバー状態になるのは、ちとビミョーな印象でしたねー。もっとも、ソコまで行ったらあとやることは全ステージパーフェクト狙いだけになるから、いちいち出るのを待つよーなムダを無くしてるって点では、実際”有り”なんですが…反面、『キャンペーン』のありがたみ(希少性?)が無くなっちゃって、その点でチョットどーかな、と。ま、この辺の感じ方はプレイヤーそれぞれ違うでしょーけどね。


以上、リズム天国のレビューでした。『M I W』シリーズからキャラクター要素が排除されたことで、より純粋にゲームの中身だけを楽しめる、でも一風(かなり?)変わった雰囲気だけはやはり健在とゆー本作。お手軽ながらも面白い、「つんく♂謹製」の音ゲーを、ぜひともお試しくださいませませ。あ、遊ぶ際には本作、ヘッドホンプレイが推奨環境です。得に携帯機でプレイする際は必須といって良いほど。実際、”音”に没入して遊ぶ方がずっと面白いですし、何より本作は音の良さが優れてますからねー。ホント、GBAの音源ってワリとバカにできないですよ。本作をやってるとつくづく感じます。

ちなみに本作、オマケで『リズム感測定』ってのがあるんですが、何回やっても値が50点を超えない私はリズムぽんこつってコトで毎晩枕を涙で濡らしてもイイでしょうかね?(痛々しいほど乾いた笑い) …や、どーしても微妙に早くボタンを押すクセが抜けなくてねぇ……



<<ゲームレビュー


2006/08/30